第38回住まいのリフォームコンクール 入賞作品

入賞者一覧 概要
入賞作品集出版のご案内

一般社団法人 住宅瑕疵担保責任保険協会会長賞 【住宅リフォーム部門】

伝統的な主屋をサポートする耐震改修

設計会社 田村真一建築設計事務所
施工会社 松岡建築事務所
タイプ 持家一戸建
構造 伝統構法木造
  • プレゼンボードを見る
  • プレゼン動画を見る

リフォームの動機/設計・施工の工夫点など

<動機>耐震性能の向上、住環境の改善、バリアフリーへの対応、設備の更新を行い、世代を超えて住み続けられる住宅を目指した。
<設計・施工の工夫>「主屋部分」は内装や建具も貴重で価値が高く、この建物の本質的な部分で、今の様子のまま残すべき部分である。この部分には意匠が変わる耐震補強をせず、耐震性能を上げるため周囲の建物を主な改修範囲の「サポート部分」とし、耐震要素を追加、主屋と一体化することで建物全体の耐震性能を上げている。
伝統構法の構造特性にあった限界耐力計算を使った耐震補強を行い、礎石立ての基礎まま、荒壁パネルの補強壁を配置し、震度6強まで耐える耐震性能を確保した。「サポート部分」には、更新期間が短い浴室、キッチンなどの設備、WICや棚等の収納をインフィルとして配置した。「サポート部分」が住環境の変化に柔軟に対応出来るため「主屋部分」は将来的にも今の様子の維持が可能となった。
各部分を明確に分けることで改修範囲を限定し、コストも抑えた。
空間的に一体化することで光が入り、風が抜ける住環境となった。
<感想>蔵が見えるダイニングになり、主屋も明るく住みやすい。

性能向上の特性 耐震性能、耐久性能、バリアフリー性能、 温熱性能、室内空気環境
特に配慮した事項 耐震補強に荒壁パネル、耐震リングを設置。設備機器及び配線・配管の更新、 手すりの設置、段差処理。床、壁、天井に断熱材設置。珪藻土仕上げ等の使用
リフォーム前
リフォーム前後の平面図
物件概要
所在地 兵庫県姫路市 新築竣工年 1906年 築後年数 約115 年 施工期間 160日間
該当工事床面積 317.40 /総工事床面積 317.40 該当部分工事費 2350 万円 /総工事費 2350 万円
居住者構成 65 歳以上:2 人 / 40 〜 64 歳:0 人 / 15 〜 39 歳:0 人 / 14 歳以下:0 人 / ペット:犬1 匹
講評

先祖から受け継いできた生家に強い愛着とこだわりを持つ施主の思いを受け止め、詳細な検討と緊密なコミュニケーションを通じて、既存の主屋を残しながら快適な住まいを実現したリフォームである。
当初いくつもの業者や専門家にコンタクトを取るも、そのほとんどが主屋の意匠を損なう補強や平屋への改修を勧められた。そこで施主の別居する子供達が自ら調べて「限界耐力計算」という方法があることを知り、2年掛けてようやくこの設計者にたどり着いたという。築115年を経た建物は過去にも何度か増改築が行われており、記録によると主屋部分は昭和28年の改築で、戦後の資材が乏しかった時期にも関わらず、地元の松材がふんだんに使われた貴重な建物だった。そこで主屋には極力手を加えず、老朽化したサポート部分を中心に補強・改修を行うことになった。
改修にあたっては、限界耐力計算による耐震診断を実施し、何度も構造設計者と現場を訪れて使い勝手を含めた最適な補強方法を検討し、施主・施工者を交えて毎週打ち合わせを行いながら施工を進めたという。既存建物は高齢夫婦の二人暮しには広すぎるのと、耐震診断に基づき2階の一部使用を制限するなど、生活エリアを集約して移動や家事の負担を減らしている。「ハレ」の場である主屋部分は既存の間取りや建具をそのまま保存し、日常的な「ケ」のサポート部分は段差を解消して断熱改修を行うことで、快適な住まいを実現した。「ハレ」との境界にはガラス戸をはめて、光や風の流れと視覚的つながりを生み出している。
実際の施工では、柱や梁、壁や床も一様ではないため加工や接合に困難を極めたというが、設計者の細やかな対応と、施工者の優れた大工技術で見事に納めている。コストを抑えるため、サポート部分は高価な材料は使っていないとのことだが、木の素材感を生かして主屋部分と遜色なくまとめられているのを見ると、チームワークの良さを感じさせる。
通常の耐震診断に基づく改修では、屋根荷重の軽減や耐力壁の増設が行われ、貴重な建具や造作だけでなく、その佇まいや開放感が失われることが少なくないが、本作品では残すべきものを明確にし、綿密な調査と詳細な検討を行うことで、伝統を守りながら安全で快適な住まいを実現する意欲的な取り組みと評価できる。
また今回のリフォームでは屋根や外装、2階については手を付けていないとのことだが、将来のメンテナンススケジュールが策定されており、継続した家守りにおいても施主の信頼に応える努力がなされている。困難な工事にも関わらず、古民家改修に長けた設計者と熟練した職人とのコラボレーションで、コストコントロールも含めた施主の満足度も高く、一般社団法人住宅瑕疵担保責任保険協会会長賞に相応しいと判断される。

※受賞案件の設計・施工に表示される組織名・会社名などは受賞当時のものを表示しています。
ページの先頭へ